クリップボード管理アプリ「Paste」イメージ画像

クリップボード管理アプリ「Paste」でコピペ作業がちょっと好きになれる

[WEBのこと
;2015/06/01

これまでMacでのクリップボード管理は「ClipMenu」に頼ってましたが、ちょうどセールで見つけた「Paste」というアプリを使ってみることにしました。
これがなかなか使い勝手がいいので紹介します。

Paste

環境設定

「Paste」初期設定画面

「Paste」初期設定画面

インストールして初めてアプリを開くと、いくつかの設定について確認されます。
これらはあとから「環境設定」で変更できるので、とりあえず飛ばしてもオッケー。

「Paste」環境設定画面

「Paste」環境設定画面

テキストの装飾(太字とかカラー)を無視して、プレーンテキストでコピペできる設定があるので地味に便利です。

クリップボードの内容が一覧で見える

クリップボードの一覧表示

クリップボードの一覧表示

設定したショートカットキー(初期設定:shift+command+V)で、クリップボードの内容がずらっとでてきます。
同じショートカットキーでクリップボードの一覧を閉じることができます。

ダブルクリックかreturnキーで選択するとコピー完了。
あとは入力したいところにペーストしてください。

ちなみに、ダブルクリックやreturnキーでそのままペーストしたい場合は、「環境設定」の「Enable Direct Paste」にチェック。
(スクリプトのダウンロードが必要だそうです)

ダブルクリックやreturnキーで直接ペーストしたい場合の設定

ダブルクリックやreturnキーで直接ペーストしたい場合の設定

クリップボード内を検索できる

「Paste」はクリップボード内の検索が可能

「Paste」はクリップボード内の検索が可能

クリップボードがいっぱいになっても、検索(command+F)が可能。

コピーからペーストまでショートカットキーで完結できる

  • 1. コピー(command+C)
  • 2. クリップボード一覧表示(shift+command+V)
  • 3. 矢印キーもしくは検索(command+F)
  • 4. 選択してペースト(return)

Word文書のテキストをコピペする作業が多いのですが、おかげさまでサクサク進められます。
個人的には、見た目もすっきりシンプルで気に入ってます!

この記事を書いてる時点(2015年6月1日)では、40%セール中の720円です。
Macのクリップボードにイラッとかモヤッとしてる方はぜひ。

Paste