タグ別アーカイブ: Book

忍者の入門書おすすめベスト3!あなたも伊賀忍者になれる?

つい先日、私が伊賀忍者について熱く語っていると、「言葉じゃうまく分からないからイラストで描いて欲しい」「写真はないのか」と言われてしまいました。
時代背景とか言葉で説明できるようなことならいいのですが、道具とか薬とかわからないですよね。

なので、「これを読んで」と渡した本を3冊、こちらでも紹介しておきます。
もし手に取る機会がありましたら、読んでみてください。
どれも難しい専門書じゃないので、さくっと読めると思います。
気になるところだけ読んでもいいですしね。

伊賀流忍者博物館の館長が監修した入門書

まずはこちら、「イラスト図解 忍者」(2012年、日東書院本社)。

イラスト図解 忍者

忍びの起源や忍術、道具、実在した忍者など、基本的なことが一通り網羅されている入門書です。
監修は、伊賀流忍者博物館の名誉館長で三重大学の特任教授でもある、川上仁一先生。

イラストや図が多いので、さらっと読めると思います。
でも深いところまで書いてあったりするので、初級〜中級くらいまでしっかり学べるのでは、という一冊。

児童書と侮ることなかれ

次に紹介するのが、「秘密の忍者&忍術事典」(2014年、大泉書店)。

秘密の忍者&忍術事典

こちらなんと、児童書なんです。
でも、すごい深いところまで学べるんです!対象年齢何歳だろう〜。

発売当初に、たまたま、書店の在庫検索PCで「忍者」で検索してみたら出てきたんです。

児童書コーナーだしイラストの多い子ども向けかなぁと思ったら、確かにイラストは多いんですけど、すごく詳しく書いてあるんです!
最近の児童書はすごいですねー!

「忍者の修行をしてみよう」的なページもあっておもしろいです。

伊賀忍者の里が発行した秘伝書

最後は「伊賀流忍術秘伝之書 煙りの末」(1999年、伊賀上野観光協会)をご紹介します。

伊賀流忍術秘伝之書 煙りの末

100ページほどの冊子ですが、項目を細かくわけて、それぞれ簡潔にまとめられています。
項目ごとに写真を挟んでるので、イメージが伝わりやすいです。

伊賀上野観光協会が発行していることもあって、内容は伊賀の忍術書がメインであったり服部半蔵についてまとめてあったり、忍者全体のことより伊賀忍者寄りですね。

こちら書店には売ってないんですが、楽天で見つけました。気になる方はぜひ!

これ1冊であなたも忍者マスターに!伊賀流忍術秘伝之書『煙(けぶ)りの末』

忍者の教科書第2弾!発行を記念した忍者シンポジウムに行ってきました

2月22日は「忍者の日」

伊賀上野観光協会と甲賀市観光協会が共同で、2月22日を「忍者の日」にしようと尽力して、無事に日本記念日協会に認定されました!
ニンニンニン、忍者の日です。

キャンペーンサイトも作成・公開されました。

忍者の日キャンペーンサイト

忍者の日キャンペーンサイト

「忍者・忍術」をコンテンツとして、町おこしやビジネスに取り組まれている全国の皆様に、この「忍者の日」を広くご活用いただき、全国的に「忍者」を盛り上げて、集客や忍者ファンの拡大につなげていただけることを願っています。(「忍者の日」キャンペーンサイトより)

「忍者の日」の制定を記念して、2月2日〜22日の期間、日本各地でいろんな忍者に関するイベントが開催されています。
今回の忍者シンポジウムも、その期間に合わせて開催されました。

現代版・忍者の教科書「新萬川集海」とは

忍者の教科書: 新萬川集海 (0021)

「忍者の教科書 新萬川集海」

「忍者の教科書 新萬川集海」は、昨年伊賀忍者研究会により笠間書院から1冊目が発刊されました。同研究会は、忍者や忍術の愛好家の皆さんで構成されています。書名は、忍術書として最も有名な「萬川集海」から。

内容は、中高生以上が対象のようです。全ページカラーで、写真やイラストも多くわかりやすい。第1弾は忍者の歴史や忍術、史跡など「初級」の知識が学べます。

今回発刊される第2弾は、2月22日の忍者の日に発売されるものなんですが、シンポジウム会場で一足早く販売されてました。しかも特別価格で少しお安くなってました。ありがとうございます。笑

忍者シンポジウムの豪華登壇者

今回のシンポジウムには、「新萬川集海2」の執筆者6人がそれぞれテーマを決めて発表する他、対談も行われました。忍者・忍術についてちょっと掘り下げて調べてみたら、書籍や論文で一度は目にするような人たちばっかりです。

忍者シンポジウム会場内

忍者シンポジウム会場内

三重大学の山田雄司教授吉丸雄哉准教授、甲賀忍術研究会の前会長・渡辺俊経さん、伊賀忍者研究会の会長・池田裕さん、片山流柔術11代宗家の中島篤巳さん、甲賀伴党21代宗師家の川上仁一さん。(登壇順)
豪華すぎる…。(一部の人にしか伝わらない感動)
ちなみに本の監修は山田教授が担当されてます。

忍者の教科書2: 新萬川集海

「忍者の教科書 新萬川集海2」

山田教授は、古文書に残された「忍び」に関する記述をピックアップして、当時の忍びの定義や実際に成したことなど解説。当時の忍びは高度な技術を持ち、その実力を認められていたんだなと確認できました。
勝手にマネしたらあかんで」というようなことも言われていたとか。

吉丸准教授は、「忍びは闘う者」とか「忍者対忍者」のイメージはどの時代から言われ始めたのか、という近世・近代の創作についての解説でした。
忍びについて学べば学ぶほど、一般的にいわれる忍者像とはかなり遠いことがわかるんですが、じゃあどうしてそんなイメージがついたのか?
そもそも忍者って謎な存在だったので、江戸時代以降の創作でいろんな要素が追加され、イメージが変化していったようですね。これはおもしろい。

渡辺さん、池田さんの講演も楽しかったです。
徳川家康が本能寺の変のあと、どうやって伊賀越えを果たしたのか、そのルートは?という話を聞いて、歩いてみたいな〜と思ったり。でも自分の体力を考えると自殺行為かな。

おまけ:忍者のまち・伊賀市

「新萬川集海」については、また別の機会にちゃんとご紹介したいと思います。

今回のシンポジウムに合わせて、久しぶりに伊賀市役所、伊賀上野城のあたりまで行ってきました。伊賀忍者の認知とか観光に力を入れだしただけあって、そこかしこに忍者の影が…。

手裏剣モチーフ

こんなところにも手裏剣モチーフ

シンポジウム会場のトイレは忍者専用かもしれません。

お手洗いの案内板に忍者

お手洗いの案内板に忍者

お昼に食べたうどん屋さんにはこんなメニューも。

「伊賀忍者三人隠し」

「伊賀忍者三人隠し」

おまけ2:忍者の日関連イベント

すでに終了したイベントもありますが、まだまだおもしろそうなイベントがありますよ。

アクセス解析などWEBサービスでおなじみの「忍者ツールズ」では、22日まで忍者屋敷から脱出するゲームができます。脱出できなかったら「妖怪のせい」だそうです。いろいろ乗っかってる。

忍者ツールズの忍者ゲーム

忍者ツールズの忍者ゲーム

伊賀市では、だんじり会館や伊賀流忍者博物館などで「謎解きミステリー紀行 幻の忍者殺人事件」なるイベントが開催されてます。好評につき期間延長したとかなんとか。
オプションで忍者衣装も借りれますよ。

謎解きミステリー紀行 幻の忍者殺人事件

謎解きミステリー紀行 幻の忍者殺人事件

そうそう、伊賀流忍者博物館は入館料が半額になるクーポンを出してます。印刷して使ってください。

あと、関連イベントというわけではないですが、忍者をモチーフにした今年の戦隊シリーズ「ニンニンジャー」が、2月15日放送開始の予定だったのを、2月22日に変更されました。忍者の日なのでね。
以前に書いたニンニンジャーの記事が誤りってわけじゃないですよ、あとから変更になったんです…!

2月22日の忍者の日当日は、伊賀市と名張市で行ける限りのイベントに参加してきます!笑
もちろん朝にニンニンジャー見てからね。