冬の和の風景

2017年の大河ドラマは誰?主人公を狙う歴史上の偉人たち

[暮らしのこと
;2015/01/05

2015年大河「花燃ゆ」が始まりましたね!
放送前は「幕末男子の育て方」やら「学園ドラマ」やら言われておりましたが、第1回の放送を見たところ「日本という国の未来を憂う若者」の熱い気持ちが全面に出ていて楽しく見ることができました。

「花燃ゆ」公式サイト

「花燃ゆ」公式サイト

「花燃ゆ」の主人公は、兵学者でのちに私塾「松下村塾(しょうかそんじゅく)」を開く教育者・吉田松陰の妹、杉文(ふみ)です。その後楫取美和子(かとりみわこ)と名前を変えました。

大河ドラマ化を目指す歴史上の人物たち

2015年1月4日現在、インターネット上で大河ドラマ化に向けての運動(署名活動など)が確認できたものを載せています。
この他にありましたら、教えてもらえると嬉しいです!

伊能忠敬
50歳を過ぎてから日本全国を測量し、最初の日本地図を作りました。
伊能忠敬大河ドラマ化推進協議会

房総里見氏
「南総里見八犬伝」のモデルになったのが、戦国武将の里見氏です。
里見氏大河ドラマ化実行委員会

ジョン万次郎
漂流しそのまま渡米、その後「日米和親条約」締結に尽力したことで知られています。
ジョン万次郎を大河ドラマに!

北条五代
早雲、氏綱、氏康、氏政、氏直の五代で治世はおよそ百年。協議会には北条氏にゆかりのある10市2町が参加しているそうです。
北条五代を大河ドラマに!

保科正之
徳川3代将軍家光の異母弟。後に会津藩主になり、4代将軍家綱の補佐役となり幕政を支えました。
名君 保科正之公の大河ドラマをつくる会

木曽義仲・巴御前
源平の合戦で源氏の勝利に貢献した木曽義仲と、義仲とともに戦った「日本のジャンヌ・ダルク」巴御前。
NHK大河ドラマ「義仲と巴」誘致推進

徳川光圀(光圀伝)
冲方丁氏の著書。水戸黄門でおなじみ、水戸藩主・徳川光圀が主人公です。
「光圀伝」大河ドラマ化を実現するための署名活動にご協力をお願いします

塚原卜伝
戦国時代の剣術家で、室町幕府13代将軍・足利義輝や武田信玄の軍師・山本勘助などに剣術を教えたとされています。
塚原卜伝全国キャンペーン実施中!

加藤清正
豊臣秀吉、徳川家康に仕えた戦国武将。熊本城など築城の名手としても知られる。
加藤清正公生誕450年・没後400年記念事業公式ホームページ

本多忠勝・忠朝
徳川四天王のひとりして家康に仕えた、槍の名手・忠勝。その次男・忠朝は大坂の陣で活躍しますが、夏の陣で討ち死にしています。
NHK大河ドラマ 本多忠勝・忠朝誘致実行委員会

明智光秀、細川藤孝・忠興・ガラシャ
明智光秀の盟友が細川藤孝、その息子・忠興と、光秀の娘・ガラシャが夫婦になります。
NHK大河ドラマで明智光秀、細川ガラシャ(明智玉)と細川忠興(三斎)、細川藤孝(幽斎)を!

山田方谷
幕末期の学者で、備中松山藩の藩政にも参加し、明治に入ると教育者として尽力しました。
山田方谷マニアックス

この他の大河ドラマ化に向けた活動

三重県津市の「藤堂高虎」や、静岡県の「徳川家康」、大分県大分市の「大友宗麟」、山口県下関市・萩市の「高杉晋作」など。
三浦按針(ウィリアム・アダムズ)」なんて話もあったと思いましたが、現在の活動はどうなんでしょうか。

大河ドラマの主人公に選ばれる条件とは

2016年はすでに「真田丸」が発表されていますが、数年前に長野県上田市を訪れた際、大河ドラマ化に向けた運動を精力的にされているのを見かけました。やはり地元が盛り上がっているのが見えると、題材として選ばれやすいのかもしれませんね。

真田幸村公の像

真田幸村公の像

あとは以前に新聞記事で、「全国的に知名度のある人物」と関係者が明言されていたかと記憶しています。
でも今年の文さんと言い、昨年の黒田官兵衛と言い、日本人なら誰でも知ってないと選ばれない、というわけではなさそうですね。
文さんに関しては、発表される前はWikipediaにも載ってなかったとか。

個人的には、ぜひ三重県伊賀市に「服部半蔵」の大河ドラマ化を目指してもらいたいものです。笑

ここに載せた他に、大河ドラマ化に向けた動きがありましたらぜひ教えてください!
ネット上で確認できればなお嬉しいです。

歴代大河ドラマの一覧(Wikipedia)